競馬
FC2 Blog Ranking

有料情報のお申し込み方法


今週は2022年初のG1レース、フェブラリーS週となります。

今週はフェブラリーS,ダイヤモンドS,京都牝馬S、小倉大賞典の4つ重賞が組まれており、勝負レースを含めて会員様には5鞍の情報提供となります。

今週のフェブラリーステークスは通常の2~3倍額(約10万円)の3連単勝負レースとなります。

また、今週の勝負レースも強力情報馬が出走となるため、通常の倍額での勝負レースとなります。


昨年は2-3着が逆の結果となり、約80万円の速い戻しが不的中となりました。

↓20年のフェブラリーSは◎12モズアスコットの1着固定で5インティ切りの3連単指示で46万馬券的中となり、139万4760円の払い戻し

↓19年のフェブラリーSは情報馬が1~3着を独占し、馬連4.3倍、3連単66.2倍ダブル的中

↓17年のフェブラリーSは3連単軸2頭マルチで92.4倍的中





重賞回顧:共同通信杯

1着ダノンベルーガ
1歩目は速くありませんでしたが、道中は無理せず中団の外目で折り合わせていく形となり、我慢させて3~4角でも中団外目から促しつつ進出し、直線序盤で右手前に換えて伸び始めるとL2で好位列から一気に先頭に立ってL1でそのまま右手前を維持してラストまで余裕を持って1馬身半差完勝となりました。
ペースが上がってこないのを察知して4角で促しつつ直線に入り、早めの対応ができたのは松山騎手の好判断と言え、重心の高い走法ながらも坂の登り地点で高いギアチェンジ能力を発揮して抜群の瞬発力でL2地点で鋭く伸びてきました。
今回はギアチェンジ面や、トップスピードの質的に高い能力を示したと言えますが、会員様情報で公開したように今後は右回り戦が課題となるだけに、皐月賞では不安がありダービーで狙いたいタイプの1馬と言えます。

2着ジオグリフ
課題のスタートを決めてコントロールしながら進めるも少し掛かる面を見せており、好位の中目に収めて我慢させると仕掛けてから良い反応を見せて最後まで良い脚を見せて道悪馬場にも対応しての2着となりました。
直線のギアチェンジ面で見劣りましたが、課題のゲートを克服できた点は好材料で、コントロールしてしっかりと好位の中目という競馬ができたのは大きな収穫と言えます。
ゲートをしっかりと出て流れに乗る事が出来ればダービーでもチャンスが広がる1頭と言え、前目からの競馬でもL1の伸びも問題無く、収穫の多かった2着と言えます。




先週の会員様情報結果

日曜日

東京11レース
共同通信杯

11ダノンスコーピオン
前走の朝日杯(3着)では中団内目からの競馬となりましたが厳しい流れに対応してきた点は大きな収穫と言えます。
前走は直線の加速地点で包まれてしまい、進路を探りながらになって伸び切れなかっただけにスムーズならもっと際どかった1戦と言えます。
マイルで速い流れでは後半の鋭さを削がれている感じがあり、前走に関しては前半が速くて中盤が緩い中弛みの展開で包まれてしまった点が大きく響きました。
朝日杯は上位2頭が強かったのは間違いありませんが、この馬の場合はマイルよりも長い距離の方が良さが出やすいタイプと言えるだけに、今回の1800m戦なら前走よりも適性面ではフィットするイメージがあります。
このメンバーならパフォーマンス的には1,2位の馬で、アサヒと比較した場合、府中で動けているアサヒに対し未知数となる点は懸念材料と言えますが、こちらは序盤のスピード面を克服しており、総合的には中心視できる馬と言えます。
トップスピード戦で瞬間的な質の部分でも目立つものを示しており、時計が掛かる馬場での無酸素運動的競馬でも高いレベルで対応できている点からも、ここでは上位評価の存在となります。

8ビーアストニッシド(爆弾穴情報馬)
2走前の京都2歳S2着の内容が良かった馬で、3着のフィデルがホープフルSでも4着に健闘した点を考えると評価できる1戦と言えます。
4着ポッドボレットに対しては1馬身半以上の決定的な差をつけており、最後まで余裕のある踏ん張りを見せていただけに、中距離でゆったり運んで良さが出たと言えます。
相手関係を考えても、一番前でこの馬の鋭さを引き出せれば十分にチャンスはある1頭と言え、ダノンスコーピオンは強敵ですが、ダノンスコーピオンは府中での坂の登りでの加速が未知数なだけに付け入るチャンスはあります。
こちらも同様に坂の登りでの加速はまだ見せたことがない点はポイントとなりますが、前目で鋭く末脚を引き出せる馬が見当たらないだけに、全体でペースを落として要所の鋭さを引き出す形に持ち込めればチャンスが広がる1頭と言えます。

10ダノンベルーガ
初戦はスローペースで流れて後半1000mが58.9となっており、後半のレースラップも優秀で12.8 - 12.2 - 11.2 - 11.2 - 11.5と3F勝負でラップ構成となっていました。
この流れの中での切れ味が優秀で、文字通り真一文字に差し切って突き放す圧巻のパフォーマンスとなりました。
道中は中団で進め、右手前に換えてL2の坂の登りでトップスピードに乗ると一気に3馬身差を詰めて先頭列まで来ていました。
最後は右手前のまま2馬身突き抜けており、クラシック候補のパフォーマンスを示している1頭と言えます。
L2地点で10.7前後のラップを踏めている可能性が高く、当時の府中の馬場でここまで切れたのは相当のインパクトと言えます。
初戦のパフォーマンスはダービーを意識させるパフォーマンスでしたが、この馬は若馬時のアクシデントで右トモの引き上げが悪くて右回りのコーナーでは加速しづらいため、バランス良く走れる左回りでこそのタイプと言え、右回り戦の皐月賞では苦戦する可能性があります。
ここで圧勝して皐月賞を人気で大敗し、妙味が生じるダービーで再度厚く狙いたい1頭と言えます。

会員様にはダービー候補の10ダノンベルーガから8番人気の爆弾穴情報馬8ビーアストニッシドへのワイド16.7倍的中となり、33万4000円の払い戻しとなりました。

40
















土曜日の結果

東京11レース
クイーンカップ

9スターズオンアース
2走前の赤松は外枠からの競馬で前に壁を作れず、かなりのスローで流れて11.9 - 11.9 - 11.0 - 11.4 - 11.7のラップ推移の中で3着となりました。
ここの勝ち馬ナミュールは阪神JFで1番人気4着の実力馬で別格でしたが、L1地点でも4着のモカフラワーに詰められていました。
マイル戦での末脚勝負ではそこまで優位性は無く、前走のフェアリーSでは平均ペースで好位の内で包まれて中弛みからの再加速戦で内を突くも「内を突いた分、少しノメッてしまいました。右にモタれてしっかり追えなかったので、もったいなかったです。」との事で、最後はクビ差届かず惜敗の2着となりました。
最後は反応して捌いて総合力の高さは示しており、スローでも平均ペースでもワンパンチ不足ながらも崩れずに好走出来ており、連軸としては信頼度が高い1頭と言えます。

会員様には9スターズオンアースと13プレサージュリフトとのワイド1点指示で3.3倍的中となりました。


99000











土曜日

阪神11レース
6エアファンディタ
2走前は2、4、6、8着に負かした馬が勝ち上がり、5着馬も次走2着でハイレベルなメンバー構成となっていました。
そこでペースが遅かったとは言え32秒8の上がりで2馬身半突き抜けており、決め手は重賞級と言えます。
左回りではモタれてしまうため、今回の右回りの阪神外回りマイルの条件は最適と言え、昇級戦の前走はで遅れる不利があった上に向正面でもぶつけられ、勝負どころでは躓いた馬のアオリを受けてスムーズさを欠く内容ながらも、直線は縫うように捌いて最速の上がりで5着まで追い上げてきました。
前走の内容からも地力が通用するのは間違いなく、スムーズに運んで力を出し切ればあっさりまで見込める1頭と言えます。

会員様には◎6エアファンディタからの馬連3点指示で15.9倍的中となり、15万9000円の払い戻しとなりました。

dadda














2021年・秋のG1レース結果12戦9勝 約300万円獲得
チャンピオンズカップ 526.6倍的中

ジャパンカップ 
◎2コントレイル1着、爆弾情報馬9オーソリティー2着で17万8000円獲得

マイルチャンピオンシップ
情報馬2頭の馬連1点指示3.7倍的中で22万2000円獲得

天皇賞・秋
馬連2点指示で3.9倍的中となり、23万4000円獲得

菊花賞
無料公開した3頭が全て4着以内に入り、3連単795.6倍的中で47万7360円獲得

秋華賞
3連単264.1倍的中で23万7960円獲得




2021年の春のG1レース 成績(11戦5勝325万円獲得)

・高松宮記念 97.7倍的中で29万3100円獲得

・大阪杯 危険な人気馬グランアレグリアを切って159万円獲得

・桜花賞 3連複26.6倍的中で39万9000円獲得

・皐月賞 823.2倍的中で41万円獲得

・オークス 3点指示で56万4000円獲得



2020年の秋のG1レース結果は12戦7勝となりました。

2019年の下半期のG1レースは12戦5勝 215万円獲得となりました。

2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

2016年G1レース結果
21戦14勝(510万円獲得)

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)

2014年G1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。
g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい